鍼と灸について

鍼とお灸について

うれしや鍼灸院 吉祥寺では、身体に起きていることを医学的に見立て、症状を特定し、治療をほどこします。
お客様の身体の悩みを減らすことを第一に考え、お客様に合った施術方法をご提案します。
また、施術前には身体を温めるなど工夫をし、できるだけ治療の痛みが少ない方法を採用しています。

このページではうれしや鍼灸院 吉祥寺の鍼灸治療の特徴についてご紹介します。

うれしや鍼灸院吉祥寺の鍼灸治療について

知っていますか?鍼のメカニズム

鍼が筋膜を破ることで、筋肉の緊張が緩和されます。以下の作用が身体に起こります。
炎症に対して、同時に局所、脳、脊髄にて痛みを抑える物質が分泌されます。
局所の血流が改善することにより、ブラジキニン・プロスタグランディン・セロトニン・ヒスタミンなどの痛みを出す物質が減少すると考えられています。
脳内からエンドルフィン・エンケファリンといった神経伝達物質が分泌されます。
また、ツボを刺激することで、脊髄神経を介して、関連する内臓に作用が現れます。
鍼のもたらす作用で、身体をリラックスさせ、肩こりや腰痛などの炎症を緩和することはもちろん、ストレスや更年期からくる自律神経のバランスを調整します。普段の生活に支障をきたさないために、コリや痛みに対して、きめ細やかな治療ができるのが、鍼の作用の特徴といえます。

身体に元々備わっている自然治癒力を鍼で引き出すことで、体調の回復を促進させます。
鍼治療は薬とは違って副作用の少ない、安全性の高い治療法のひとつです。
東洋医学と西洋医学の良いところ取り!の鍼治療
東洋医学では、病気は「気血」のバランスが悪いときに起こると考えられています。「気」は生命活動を維持する力、「血」は養分を各臓器や組織に与えてかつ、潤しているものです。分かり易く植物に例えるとすれば、花を咲かせたり、根っ子を伸ばしたり、水を吸い上げたりするのが「気」であり、育つための養分が「血」です。

例えば、顔面麻痺や運動麻痺などでの知覚が鈍くなる、知覚自体がない場合、鍼によって「余分な気を抜く」ことで、興奮作用を促します。鍼で刺激した箇所の機能を低下させることで、症状が治まります。
病は気から、とよく言いますが、この気血の考えから生まれた言葉です。気と血のバランスを調整することで、身体は健康な状態に向かいます。特に内科疾患については東洋医学的な鍼の打ち方が得意とするところです。

西洋医学では、身体を構成する筋肉や骨などの構造物に問題がないかを診ていきます。
例えば、左手の薬指を動かすときに痛みやしびれ、こわばりが出る場合、ヒジの筋肉や神経の炎症なのか、肩こりなどで首や肩が炎症を起こしているのか、お客様の生活スタイルをお伺いした上で検証していきます。

筋肉や神経など、患部をピンポイントで狙ったアプローチについては、西洋医学的な鍼の打ち方が得意とするところです。

うれしや鍼灸院 吉祥寺が提供する「リハビリ鍼灸」では治療効果を高めるために、東洋医学と西洋医学の鍼の打ち方を組み合わせています。鍼の効果を向上させるために、リハビリテーションにて使われる運動療法を指導することもあります。簡単な体操を毎日続けていただくことで、筋肉の動きをなめらかにし、肩こりや腰痛の予防にも役立ちます。
できるだけ短時間で・痛みを少なく
鍼は効くとは言うけれども、できるだけ痛い思いはしたくないもの。
そこで当院では治療にあたって、お客様のお身体に負担がかからない治療方法をまずご提案します。

使用する鍼と注射器、シャーペンの芯との比較をお見せします。

注射針と使用する鍼の比較

  • 病院で使用されている筋肉注射用の針(直径0.6mm)
  • シャーペンの芯(直径0.5mm)
  • 美容鍼(直径0.16mm)
  • 寸3-1番(直径0.16mm)
  • 寸6-2番(直径0.18mm)
  • 2寸-3番(直径0.2mm)
  • 中国鍼(直径0.24mm)

上記の筋肉注射用の針は、病院で使われている一番細い針です。採血用の針はこれよりさらに太くなります。

「鍼って痛い?」と心配される方もいらっしゃいますが、注射針と比べると痛みは少ないことが分かります。お客様によっては「いつ刺したのか分からなかった」とおっしゃる方や、施術中にリラックスして眠ってしまわれる方もいらっしゃいます。

使用する鍼については、お身体に負担のかからない、そして治療効果の高める太さと材質の鍼を使用しております。鍼じたい苦手なお客様については、刺さない鍼(小児鍼)を使用することもあります。

うれしや鍼灸院 吉祥寺では鍼を刺して抜くまでの時間は最長でも15分と決めております。
長時間鍼を置くことで、刺激が強くなってしまい、お客様のお身体に負担がかかるのを防ぐためです。
また、15分過ぎると鍼を抜く際に筋肉が鍼にひっかかってしまい、痛みがでてしまいます。
施術の痛みを軽減しながら、お身体のトラブルを解消することも、治療に対する取り組みのひとつです。

お灸について

じんわり心地よいお灸で身も心も温まります
お灸=灸治療とは、艾(もぐさ)を皮膚の上で燃やすことにより治療するものです。
艾は、ヨモギの葉を乾燥させたもので、身体を温めて血の巡りを良くし、痛みや出血を止める作用があります。お灸は、この作用を応用したものです。

温熱の刺激を皮膚に入れることで行うお灸は、
経絡(身体じゅうに張り巡らされている通路)を温めて気血のめぐりを良好にし、
気や血の作用を高め、身体を強くする作用がある
と考えられています。

冷え症やむくみ・生理痛、胃腸が弱い、疲れやすい、虚弱体質の方などに使用します。

筒状の艾お灸
筒状の艾と米粒大のお灸

私が使うお灸は、米粒大の大きさものと筒状の艾になります。
どちらを行う際も、必ず灸点紙(きゅうてんし)という紙を皮膚と艾の間に挟んでいます。
これは、皮膚が火傷しないようにするためです。
このため、うれしや鍼灸院吉祥寺のお灸は、従来の熱くて痛い、火傷するお灸のイメージではありません。
「心地よく身体が温まる」とお客様から感想をいただいております。

当院の施術曜日・施術時間

火曜日 10:00~20:00
木曜日 10:00~20:00
金曜日 10:00~20:00
土曜日 10:00~20:00
受付は19:00までとなります。

当院にご来院される方は…
武蔵野市、三鷹市、杉並区、練馬区、中野区、新宿区、板橋区、世田谷区、大田区、江戸川区、立川市、府中市、小平市、国分寺市、八王子市、調布市、西東京市、神奈川県、埼玉県、千葉県などから来院されております。