うれしや鍼灸院 吉祥寺トピックス

顎関節症について(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顎関節症とは、
顎の関節を構成する骨、筋肉、靭帯といった構造が
様々な因子によってバランスが崩れた状態
のことです。

顎関節症の主な症状には、以下のようなものがあります。

1.口を開けようとすると痛い
患者さんの訴えで最も多いのは、口を開く時や食べ物を噛む時に痛いことです。
痛む場所は、耳の前の顎関節があるところが多いです。
また頬やこめかみの筋肉に痛みが出ることもあります。
こめかみや頭の横が痛むときには、頭痛と感じるひともいます。

2.あごを動かすときに音がする
あごを動かすと音がするというひとは、たくさんいます。
大きく分けると、カクカク、コキコキといったはじけるような音(clicking)と、
ゴリゴリ、ザラザラといったこすれるような低い音(crepitus)がする場合があります。

3.あまり大きく口が開かない
痛みのせいで口が大きく開けられないといったことがあります。
また、関節自体の動きが制限されてしまい、口が開かなくなることもあります。

4.あごが閉じない
顎関節症の場合では関節の中の組織のずれなどが生じているケースがあります。
急にあごが閉じなくなる病気は顎関節症以外にもあり、多くはあごがはずれた状態です。

5.その他
顎関節症でみられる顎の関節以外の症状には、
・頭痛
・首や肩の痛みとこり
・耳の症状(耳の痛み、耳鳴り、耳が詰まった感じ、難聴、めまい)
・舌の痛み
・味覚の異常
・目の疲れ
・口の乾燥感
などがあります。
これらには、別の病気が隠されていることもあるので、
一概に顎関節症と関連しているとは言えない部分があり、専門家の診断が必要になる場合があります。

顎関節症の原因

顎関節症はある一つの原因によって引き起こされる病気ではありません。
いくつもの因子が積み重なって、顎関節症の症状を生じさせます。

今までは、かみ合わせやストレス、歯ぎしりが、
顎関節症の原因ではないかと研究がされてきました。
例えば、顎関節症とストレスの関係は、
人間関係などの心理的なストレスによって食物をかむときに使う筋肉(咀嚼筋)の緊張が高まり、
咬み合わせの異常や歯ぎしりなどの原因と重なることで、
咀嚼筋の痛みや顎関節の障害を引き起こすと考えられてきました。
しかし、いろいろな顎関節症の症状を1つの原因で説明することは難しいことがわかってきています。

現在では、顎関節症を引き起こす原因には様々なものがあり、
それらの組み合わせが異なるのではないかと考えるようになっています。
それによって、患者さん一人ひとりの原因も違うため、
さまざまな治療方法が検討されるようになってきています。

次回は、顎関節症の鍼灸治療についてお話いたします。

関連記事

当院の施術曜日・施術時間

火曜日 10:00~20:00
木曜日 10:00~20:00
金曜日 10:00~20:00
土曜日 10:00~20:00
受付は19:00までとなります。

当院にご来院される方は…
武蔵野市、三鷹市、杉並区、練馬区、中野区、新宿区、板橋区、世田谷区、大田区、江戸川区、立川市、府中市、小平市、国分寺市、八王子市、調布市、西東京市、神奈川県、埼玉県、千葉県などから来院されております。