うれしや鍼灸院 吉祥寺トピックス

西洋医学と東洋医学の融合、という言葉。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_1967

 

私が治療で行っていることを簡単に説明するとなると、

西洋医学と東洋医学との融合。

となり、

これを万感の思いで伝えたとしても、
文字という記号で表した途端、
とても薄っぺらく感じてしまっておりました。

それが耐え難く、
真面目に伝えるということを避けてきたところがありました。

患者さんからは、
「やっていることを、きちんとHPで伝えた方がいい。」
とアドバイスを受けても、
「では、どうやって伝えればいいんだ?」
と思いめぐらしてしまう始末。

”私が治療でやっていることを見れば、一目瞭然なのになあ…。”
と、私とこれから出逢うであろうの方には、あまり優しくない考えもありました。

ところが。
先日、いままでしてきたことや治療をプレゼンテーションする機会をいただきました。

そこで聴かれたのは、
「どうして、作業療法士から、鍼灸師を取得しようと思ったのか?
そのきっかけは、何だったのか?」
というものでした。

本当にびっくりしました。
今まで、メディカル分野の方に聴かれたことがなかったからです。
どちらかと言えば、西洋医学と東洋医学には見えない壁があり、
ゆえに、遠巻きに見られていた気がしていました。

私が、どうして作業療法士からはり師・きゅう師を取得し、
紆余曲折あって開業をすることになるまでの話をじっくり聴いていただけました。

そして、現在している施術の内容、
症状を、
西洋医学的な視点で、解剖学・生理学・運動学で説明し、、
東洋医学的な視点にも置き換えることも出来る。
そのどちらの割合が多いあるいは優先度で、治療選択を柔軟に変える。

頭の中で分かっていたことを言葉に出して伝える機会に恵まれたことは、
私にとって、とても有意義な時間でした。

10年前、私が、はり師・きゅう師を取得した時は、
西洋医学と東洋医学の間にある見えない壁は、非常に厚かったです。

それが今、

いろんな意味で柔軟に考えられる時代の流れになったと実感しております。

ゆえに、

両方の壁を行き来できる役割が、より求められるようになっています。

西洋医学と東洋医学の融合という言葉が、
真の意味と幅と奥行きと重みをもって、
届くべき人に届き、
その真意が治療を通して伝わることを祈りつつ。

関連記事

当院の施術曜日・施術時間

火曜日 10:00~20:00
木曜日 10:00~20:00
金曜日 10:00~20:00
土曜日 10:00~20:00
受付は19:00までとなります。

当院にご来院される方は…
武蔵野市、三鷹市、杉並区、練馬区、中野区、新宿区、板橋区、世田谷区、大田区、江戸川区、立川市、府中市、小平市、国分寺市、八王子市、調布市、西東京市、神奈川県、埼玉県、千葉県などから来院されております。